WORKS

a side-満寿屋-

所在地
別府市鉄輪
用途
コワーキングスペース
世代
構造規模
竣工年
2019年
延床面積
CONCEPT
別府市鉄輪地区にある築約80年の旧貸間だった空き家の一部を、コワーキングスペースにコンバージョンしました。鉄輪に古くから続く湯治文化が時代の変化と共に衰退していく中、仕事と休暇を両方実現する「ワーケーション」と「温泉」で、働きながら長期滞在する新しい湯治のカタチ”湯治のアップデート”をコンセプトに、自然発生的にコトが生まれるプラットフォームのような空間が誕生しました。既存解体時に刻んだ記憶を呼び覚ますべく現れた、当時の土間・式台・框・欄間はそのまま利用しています。また、床には新たに設けたバルコニーと同じデッキ材を使用し、旧縁側に大きな開口部を設け内部と外部が繋がることで、開放的で心地よい空間となっています。オリジナルの家具も全て合板の積層断面を見せるデザインで統一し、歴史の継承とこれからの未来を表現しています。
photo gallery

一覧に戻る